ezzoforte

失われしもの

f0137097_5433045.jpg

失われた弥生小学校体育館 12月10日撮影

果たしてこの街の未来に希望はあるのだろうか?
これを免罪符にした行政による街の破壊活動がこれからどんどん続いていくだろう。

市役所では副市長が市長を批判して辞表を提出した。時期市長選挙に出ると専らの噂だ。
これは前回の市長選挙の構図に良く似ている。市民不在の函館市政を象徴する出来事だろう。
だが現市長と辞める副市長が、もしも時期選挙で争う事になっても結局はその二人では利権や権力争いの今の函館の構図は何も変わらないだろう。

今の函館に必要なのは役人や財界のためでは無く、市民のため、そして函館の未来のために何が必要なのかを、しがらみや利権にとらわれずに毅然と進められる人物だ。
それは元役人などでは決してありえない。
時期市長選挙には我々市民側から、ふさわしい人物を送り出す努力が必要ではないだろうか?
ぼやいているだけでは何も変わらない。変えるのは我々市民だ。
[PR]
by lennon-9 | 2009-12-11 06:14 | 函館市政